皮脂の落しすぎに注意


鏡保湿が重要なことは、肌のバリア機能に直結しているからです。ところが、普段からあまり意識をしていないと、大人になってからアトピー性皮膚炎を発症してしまうような場合も出てきます。大事なこととして、肌は自然と体を守るように働きを続けますが、勘違いしてしまうと、機能を失わせるようなことも起きるところが問題です。

肌に皮脂が出てくると、テカってしまって気になる場合があるでしょう。テカってしまうのは、なんだか嫌だといって、さまざまな手段で除去してしまうはずです。確かに、皮脂が多すぎる状況は、汚れも付着させてしまう大きな問題があります。アトピー性皮膚炎にもよろしくないのは間違いありません。ところが、失ってしまうと、肌は乾燥してしまいます。実は保湿効果に大切な役割をしているからです。

皮脂は、肌の表面で油膜を作り出しています。この油膜は、水分が肌の中から蒸発しないように、蓋をする大事な役割を担っているといえるでしょう。あまりに取り除いてしまえば、肌のバリア機能を失わせ、保湿機能を低下させる要因となってしまいます。洗顔や入浴の時にはどうしても皮脂が落ちてしまうため、必ずスキンケアが必要になるといえるでしょう。

肌の保湿とバリア


肌がみずみずしい状態になっていることは、とても若々しく感じます。ですが、年齢を感じるだけが、保湿ではありません。多くの重要性が隠れているため、だれもが大切にしていかなければいけないのが保湿です。

女性肌にはバリア機能が存在しています。外にはさまざまな刺激物質があり、肌に付着すると刺激を受けて反応するのが重要です。アトピー性皮膚炎もこの刺激によって、強いかゆみを覚えることになりますが、そうならないように守っているのが肌のバリア機能になります。このバリア機能をつかさどっているのは、肌の表面に存在している皮脂とその下にある角質層です。角質層は保湿に関してとても重要で緻密な構造になっているため、外部からの刺激をシャットアウトしています。水が入ってこないようにしながら、蒸発も防ぐ役割を持っているところも重要でしょう。乾燥によるトラブルを抑えているのも、角質層が大切な役割をはたしています。刺激も遮っているため、アトピー性皮膚炎のような強いかゆみも抑えることが可能です。

ここからもわかる通り、保湿を保てれば、肌のバリア機能として正常な状態を作り出せるといえるでしょう。保湿をしていきながら、水分が逃げないようにしていかなければいけません。保湿ができれば、ハリも失いませんし、紫外線によるダメージも防げるため、シミにもなりにくい肌を作れます。アトピー性皮膚炎だけではなく、さまざまなダメージからも守ってくれますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。